MENU

メルラインのメリット&デメリット?

 

メルラインは、あごやフェイスラインに繰り返しできるニキビ専用のスキンケア。

 

 

 

発売されてからまだ日が浅いのに、数々の雑誌やメディアで取り上げられていて、今とても注目されているニキビケア用オールインワンゲルなんです!


 

 

 

ニキビケア製品は世の中にあふれていますが、メルラインは、あご・フェイスラインに特化したニキビ専用のスキンケアということなんです!ちょっと珍しいですよね?

 

今回は、そんなメルラインのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

 

 

 

メルラインのメリットはなに?

 

メルラインのメリット1.「無添加」

 

メルラインのメリットといえば、まずは「無添加である」ということ。

 

無添加スキンケアは、肌への刺激が少なく、敏感肌の人でも使いやすいのが特徴です。

 

 

ニキビケア製品は、殺菌作用や消毒作用が高く、どちらかというと刺激が強めですが、こちらは、アルコールはもちろん、合成香料・着色料・鉱物油・パラベン不使用。

 

肌に不要な成分は一切配合されていないので、安心して使えますね!

 

 

 

メルラインのメリット2.「高い顧客満足度」

 

続いて、顧客満足度がなんと91.3%!

 

これは驚異的な数字です!!

 

 

これほどの割合で、あご・フェイスラインのニキビが改善されているなんて、ニキビ専用とはいえ、すごいの一言ですよね!

 

ほぼパーツケアといってもいいくらい、限られた範囲のニキビ専用なんですが、逆にこのくらい的を絞って開発されているので効果も劇的なのかもしれません。

 

 

 

メルラインのメリット3.「しっかり試せる返品保証制度」

 

そして最後は「180日間の返金保証制度」があることです。

 

このような化粧品の返品保証は30日程度のものが多いのですが、メルラインは180日ということで、本当に合っているのか見極めることが出来ます。

 

通常の6倍もの猶予が与えられているので、じっくりと試すことが可能です!

 

 

 

続いて、メルラインのデメリットを紹介します。

 

 

 

メルラインのデメリットは何?

 

メルラインのデメリット1.「うるおいが物足りない」

 

メルラインはさっぱりしたオールインワンのゲルタイプなので、乾燥肌の人にはうるおいが少し足りない、という声も聞かれます。

 

顔全体にニキビがあるタイプは脂性肌の人が多く、メルラインのようなゲルは肌にピッタリなんですが、あご・フェイスラインだけにニキビがあるような人には物足りなく感じてしまうのかもしれませんね。

 

 

 

メルラインのデメリット2.「肌がピリピリする」

 

メルラインを塗布した直後から肌がピリピリする可能性があります。

 

無添加スキンケアとはいえ、万人の肌に刺激がないわけではありませんので、極少ない人数とはいえ、このような症状を訴える人がいるのも事実です。

 

体調によっても刺激の度合いは変わりますので、判断は慎重に行いましょう。

 

 

 

 

どんな製品にもメリット・デメリットは存在しますが、あごやフェイスラインのニキビにお悩みのあなたには「試す価値あり!」の優秀コスメだと思いますよ♪


 

 

 

 

このページの先頭へ