MENU

メルラインに副作用やアレルギーの心配は?

 

 

メルラインに副作用やアレルギーの心配はないの?


 

どの化粧品を使ったとしても、少なからず「肌に合う合わない」はあると思いますが、メルラインの場合はどうなんでしょうか?

 

 

そもそも、化粧品に「副作用」という言葉はあまり使わないのが一般的です。

 

副作用というのは、使用した多くの人に何らかの症状が出ることで、化粧品での肌トラブルは、そのほどんどがアレルギー反応だからです。

 

 

アレルギーは、体調の良し悪しでも反応しますし、本来、体に無害なものでも人によっては重度の反応が出てしまう人もいます

 

だから、やはり「体質」「肌質」の問題なのではないかと思います。

 

 

今回は、メルラインの肌トラブルについて詳しく調べてみました。

 

アレルギー体質の方や、敏感肌の方は事前にチェックしておきましょうね♪

 

 

 

 

メルラインの全成分を確認

 

化粧品に全成分表示が義務付けられて久しいですが、メルラインの箱の裏にももちろん全成分が表示されていました!

 

 

その全てをここに書くのは省略しますが、有効成分として、「グリチルリチン酸2K」と「水溶性プラセンタエキス」とありました。

 

 

 

特に「グリチルリチン酸2K」は化粧品に多く含まれている成分ですので、これが配合された化粧品を使ってアレルギーが出る方は要注意です!


 

 

 

ただ、先ほども言いましたが、アレルギー反応はその時の体調にも左右されますので、心配な方は、腕の内側などで一度パッチテストを行ってから使うようにしましょう。

 

 

 

メルラインの効果・効能

 

こちらも箱の裏にびっしりと書いてありました。

 

 

大人のあごやフェイスラインのニキビ専用ということですが、それだけではなく、しもやけやカミソリ負けにも効果があると書いてあるので、結構万能!


 

 

 

もちろん、「ニキビを防ぐ」とも書いてありますので、ニキビケア製品で間違いないですが、メルラインは医薬部外品のため、あくまで予防ケアという感じで表示してありますから、誤解しないようにしたいですね。

 

 

 

医薬品のように、強い作用の心配は全くなさそうですね!

 

また、即効で治すのではなく、日々のお手入れでゆるやかにケアするイメージなので、副作用やアレルギーの心配が少ないとも言えそうですね♪

 

 

このページの先頭へ